赤いネイルの女性

風俗を実社会の人間関係に活かす

二人の女性

営業職に就いていた頃は、風俗嬢とのトーク術は実社会でも結構役立ち、活かされました。例えばソープ嬢などは、客の要求や要望を応えるトークが絶妙ですよね。それに、客一人ひとりそれぞれ個性的なのに、それに対応しつつお湯を温めたり体を洗ったりします。会話をこなして、作業をするのは、熟練の流れ作業のような美しさがあったのです。初めて出会った客の心を掴むのは、丁寧に下から接して、そこから褒めたり笑わせて、サービスもきちんとする。本当に見事な技で、これは一社会人は普段の仕事で応用しない訳にはいかないのです。しかし、なかなか使いこなせないのも事実です。多分、肝心のサービスと最初から相手にされていないのが、大きな違いなのでしょう。でも、風俗の経験を別の風俗遊びで活かす事は出来ます。それは、デリヘル嬢が笑顔でホテルの部屋に入ったら、こちらも大歓迎で出迎えて、荷物や洋服なども持ってあげたりします。お風呂も十分スタンバイ状態にして、快適な音楽を流しておいて、後はあなたが来るだけという風にしておくのです。風俗遊びとは、見知らぬ他人同士が多少の快楽を求める事ですが、そこにもう少しだけ思い遣りや気遣いがあっても良いですよね。

Article